2020年2月のアーカイブ


ぼくらの3日間サバイバルプロジェクト

活動報告

2020年2月19日(水)

水曜日はプロジェクト学習の日です。

釣り博士のSくん

「おい、みんなで釣り行こうぜ」

「いいね!行こう行こう!」

「せっかくならさ、俺たちだけで行こうぜ!お母さんたちは来させない!」

「どうせなら泊まろうよ!」

「いいね!いいね!ぼくらの七日間戦争みたい」

といって自然発生的に始まった「ぼくらの3日間サバイバルプロジェクト」です。

当初は、浜辺に野営して船を出すといっていましたが、さすがに子どもだけの野営and船釣りは許可できないので、キャンプ場and磯釣りでやってもらうことをお願いしました。

「キャン用品はうちにあるよ!」

「釣り道具はぼくが準備する」

荷物を書き出したところ…多い…重すぎて無理なのでは…

ということに気づいた少年たち。

「Sくんのママに車を出してもらおう」と提案書を書くことになりました笑!

お母さんを説得して車を出してもらうためには、魅力的なプロジェクトにしなければなりません。

「ガソリン代はどうする?」

「釣れた魚をごちそうする!」

「一緒にいる間はお世話しなくていい!」

「余った魚は売る」

キャンプ場と大潮の日、行き方、交通費、待ち合わせ場所などを調べあげ、計画が進んでいます。

楽しそう!!!無事サバイブできるのでしょうか!?続編を乞うご期待!!!


哲学カードでおしゃべり

活動報告

2020年2月18日(火)

コロナウィルスの影響により、いつもより少ないメンバーです。

体験のおともだちと自己紹介ゲーム。

「3億円あったら何に使う?」

「ベッドとテレビを買う。残りは貯金」

「全額貯金したら、利息で遊べるんじゃない?」

「利息って?」

利息を学びました。利息1%でも子どもたちは遊んで暮らせると夢は膨らみます。

ボードゲームのプロジェクトはいったんお休みして、今日は哲学カードを使ってみんなでお話をすることに。

話は宇宙まで広がりました。

午後は、S子さんにお越しいただき、腹式呼吸のワークショップを開いてもらいました。

呼吸って、全身を使った運動ということを体感!特に子どもは口呼吸、胸呼吸が多いそうで紙風船で体を意識しながら練習!

「意識するだけで、痩せる!」

スタッフと同行のお母さんの目の色が変わりました。居残り練習で、痩せるための呼吸方法を学んでグッタリ…筋肉痛の予感です。

目指せ今夏のビキニ!をみんなで約束して解散しました笑


月曜日は国語表現

活動報告

2020年2月17日(月)

月曜日はことばを使った遊びをしています。

作文にアレルギーのある子が多いようなので、まずは楽しむことから。

アイスブレイクに活用されるサイコロで連作していきます。

今日は、はじまりと終わりに縛りを入れてみましたー!

取り組みのはじめには、やりたくないと言っていた子も、みんなのを眺めて少しずつ参加できるように。今日はノリノリで作文してくれました!

ひとり2つサイコロを持って物語を書こう!

できた作品はこちら↓

作品がうまれると、みんなアイディアがどんどんふくらみます。

「ここのつなぎに何か文を入れた方がいいんじゃない」

「おさるがかわいそう。救ってあげたい」

長編小説にもチャレンジできそう!

午後は百人一首かるた。

「知らない」

「つまんなそう」「めんどくさい。俺はやらない」

新しいことへのチャレンジには少し勇気が必要です。まずはやってみよう!

ちょっとだけ背中を押すためには、まず大人も楽しむことから。

漫画「ちはやふる」を愛読しているスタッフの夢「競技かるたを体験したい」が叶いました🎶

みんなも楽しんでくれて、繰り返し遊ぶことに。頭の柔らかいこどもと違って大人、何回も遊ぶのはツライ…

しばらく百人一首ブームが続きそうです。頑張って覚えなければ。


Copyright© 渋谷区笹塚のフリースクール IFラボ - Infinite Future Lab , 2020 All Rights Reserved.