1学期(2018年4月9日~7月13日)カリキュラム案(現在、水曜日の週1回開催しています。状況によって開催日を増やしていく予定です)

テーマ「自分を知る・相手を知る」

カリキュラム、日程等は暫定案です。IFラボのみんなで(自分で)やることを決めようと思っています。

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
10:00~
10:20
朝の会
(見つけたよ)
朝の会
(見つけたよ)
朝の会
(見つけたよ)
朝の会
(見つけたよ)
朝の会
(見つけたよ)
10:20~
11:00
SPIRIT(ヨガ・瞑想)・アナログゲーム・哲学対話など
11:00~
11:40
国語・算数・自分の時間(仕事をするなど)
11:40~
13:00
お昼とのんびり お昼とのんびり お昼 お昼とのんびり お昼とのんびり
13:00~
14:40
プロジェクト学習
(1人もしくはグループ活動)
プロジェクト学習
(1人もしくはグループ活動)
帰りの会・振り返り

自由にいてくれて良い

自分の好きを深めるプロジェクト学習
(1人もしくはグループ活動)
自分の好きを深めるプロジェクト学習
(1人もしくはグループ活動)
14:40~
15:00
帰りの会・振り返り 帰りの会・振り返り 帰りの会・振り返り 帰りの会・振り返り

プロジェクト学習について

学校では「国語」「算数」「社会」「理科」というように、教科ごとに縦割りの授業が行われています。

IFラボでは、プロジェクト型の学習方法で学びを進めていく予定です。プロジェクト型学習(Project Based Learning)では、ひとつのテーマを深く掘り下げたり、いろいろな角度から見たりすることで、分野を越えて学んでいきます。

この学習の主役は子どもたちです。子どもたちが主体となって、テーマを追求していきます。そばにいるスタッフは、知識を伝える先生ではありません。ファシリテーターとして、時には助言し寄り添うことで、子どもたちの学びを支えます。

具体的にはどのような授業になるのでしょうか。「夢みる旅行~100万円あったらどこに旅したい?」というテーマ(2018年4月からのテーマ候補のひとつ)から考えていきます。このテーマでは、自分たちで旅したい場所を決めて旅行計画をつくります。

行きたい場所を決め、どのような経路で目的地に到着するのか、目的地では何をするのかなど、世界にたったひとつの旅のしおりを完成させるプロジェクトです。それでは、このプロジェクト型学習を通じて学べることはなんでしょうか。

・世界の文化や地理、歴史
・時間の概念
・予算建てから計算力
・通貨交換から算数、経済
・グラフや資料を読み込む力。統計の基礎
・資料を作成する力。文章力
・グラフや地図を描く力。PCを使いこなす力
・対話力、コミュニケーション力

などなど、ひとつのテーマからとても実に多くのことを学べることができるのです。

自分の好きなテーマをひとりでやる時間も設けていく予定です。ときにはひとりで、好きを追求する。ときにはみんなで、対話しながら学びを深めていく。そんな時間を大切にしていきたいと思っています。

仕事を通じた学び

保護者の願いに共通しているのは、子どもの「自立」ではないでしょうか。
できれば好きなことで仕事をしてもらいたいと願っている方も多いと思います。

IFラボでは働く喜びを知ってもらいたい、仕事を通じて学びを深めてもらいたいと考えています。そこで、興味が特化している子どもたちには、企業とコラボしてもらい仕事を任せることも企画しています。

仕事ですので、自分の思い通りにいかないこともあるかもしれません。
壁につきあたったとき、どのように対処していけばいいのか、実践を通じて学んでいってもらいたいと考えています。

なにより、仕事を通じて多くの大人たちと出会い、「働くって楽しい」「こんな風に働く大人になりたい」「大人っていいな」など、子どもたちが将来を思い描けるようになってもらいたいと思っています。

現在(2018年3月)、プログラミングに興味のある男の子がスタッフとともにアプリ開発に挑戦しています。彼はホームページ作成を受託したこともあり、自分でも会社を興せないかと考え起業について調べているようです。

更新日:

Copyright© 港区赤坂のフリースクール IFラボ - Infinite Future Lab , 2018 All Rights Reserved.